還付金詐欺

振り込め詐欺の手口

バイク便や宅配便を使い受取る
最近では上司や同僚を名乗り直接受取る

詐欺被害トップ » 振り込め詐欺

直接受取り型

振り込め詐欺

振り込め詐欺も受取り型に変化してきています。振込は口座を用意して出し子(お金を下ろす役)を使ってお金を下ろす。

最近では金融機関の対応も早く、被害届が出るとすぐに口座を凍結します。

犯人は、口座凍結によりお金を下ろせなくなるのでリスクが少ない分成功率が下がるということです。

振込したお金が引き出される前に口座の凍結ができれば、「犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配金の支払等 に関する法律」で手順を踏めば、被害金の回収ができるのです。

こうした背景の中、リスクの大きいい直接受取り型に移行しているのです。直接受取ることにより犯行は確実に成功します。 しかし、事前に警察に通報されていた場合は、即逮捕。又は泳がされて主犯格逮捕ということも考えられる。

振り込んでしまった被害金の回収方法

振込先の口座の凍結に間に合ってお金がその口座に残っていてもすぐに返還してもらえないのです。

まずは、「債権者代位訴訟」を提起し、金融機関に払い戻しの請求をする。これは不当利得返還請求権を行使することを意味し、 口座の名義人が持つ金融機関に対して払戻請求権で被害金を取り戻すことが可能になります。

犯罪被害資金の返還

最近の振込め詐欺は口座の案内をしない?

被害者の子供を演じ、お金を振込むよう誘導する、オレオレ詐欺の今は時代の流れに沿って進化しています。

中でも劇場型と言って被害を装った人物、それを取り巻く被害者、警察、弁護士と様々な登場人物を出しだましてきます。

それぞれが被害者に対しあらゆることを吹き込み惑わせ金銭を支払うようにしむいてきます。

他にも自宅訪問し振り込め詐欺防止の為に来た警官を装い、口座の暗証番号を聞き出す、子供の代わりにお金を預かりに来た、弁護士に成りすまし、示談金の話をしてきたリとあらゆる手段で詐欺を行おうとしますので注意が必要です。

詐欺被害の相談・申し込み

Copyright(c) 2013 詐欺被害の相談は東京ターゲットリサーチ All Rights Reserved.