買い取り詐欺

商品買い取り詐欺

指定した商品を買わせ買い取ると言って送らせる

詐欺被害は泣き寝入りしたくない方
詐欺被害の相談をどこにしていいか分からない場合弊社がご協力します。

詐欺被害トップ » 買い取り詐欺

タブレットやスマホを買わせる

買い取り詐欺

携帯買い取り詐欺は、指定した商品を買わせ手数料を差引いた金額で引き取り、商品を送らせる。商品が届いたら 約束の買い取り代金を支払う。被害者は、もちろん割賦払いで購入しているので受取った現金は、急場の資金に使えるという訳です。

買い取り代金を支払ってもらえればいいが、払ってもらえない。なんやかんやと理由を付けて買い取り代金の10%しか払わない。

これは詐欺じゃないと言い訳をするために払うのです。
当然苦情を言うが「謝ったり」「居直ったり」様々な手口を駆使してくる。 また騙せそうな客には、「今度はまとめて払うから」と言って、別のショップに行かせて同じように購入させて送らせる。

対象商品を買わせる為に、被害者の行動範囲にあるショップを決める。次に詐欺師側が、被害者の身内を装い購入商品を決め予約をしておく。 ショップに行った被害者は、名前を言って契約書にサインをするだけ。余計な会話をさせない為に段取りをするのです。買い取り価格は 商品代金の七掛けが相場。10万円の商品なら7万円で買い取るという。一回の購入で4台~5台購入させるので、代金総額は、40万円を超える。

こういったケースの相談が非常に多くなっています。ターゲット・リサーチでは、このような場合でも被害金の回収や返金の サポートに成功していますのでご相談ください。

相手の特定を素早くすることで回収率が上がります。被害情報も合せて承ります。

携帯買い取り詐欺の手口

携帯買い取り詐欺の手口は、インターネット上で融資サイトからターゲットを捕まえる。お金を借りたい人が サイトを訪れ申し込む。すると「あなたは、ブラックなので融資ができない」と言って融資を断る。

次に融資はできないが、タブレットやスマホ端末を購入してもらえれば、それを買い取りますよ。 と言って誘導する。商品を渡しても(郵送)約束の料金は支払われない。信用させる為1万~2万円の支払いは ある。

しかし、その行為は2度騙す為のエサに過ぎない。融資を断られた場合は諦めた方が賢明ということです。

騙し取られた端末は、買い取り業者に4割~5割程度で取引される。買い取られた端末は、定価の2割~3割引きで、 店舗やインターネットで売買されている。

融資をうたう業者の調査いたします。

融資会社なのにスマホ、タブレットを購入させる業者が増えてきて買取りをすると言い、詐欺を行う個人、業者の調査を致します。

携帯、スマートフォンなどの買い取り業者は街で見かけるお店とは違い店の実態があるのかないのか、融資業者とグルなのか、本当に詐欺業者なのか表面的に見たらわからない事が多いはずです。

依頼人様の目的が返金であれば調査が必要になってきます、これまで調査をした結果の情報も存在しますので、思い当たる節がある方はご連絡を。

携帯買取詐欺被害に遭った場合

すでに詐欺に遭った場合、業者の情報は削除せず始まりの経緯から、詐欺被害に至ったまでの記録は保管しておきましょう。調査をするにあたってその情報が元になります。

詐欺業者とまだやり取りができている場合は、冷静に対応しましょう、返金を強引に要求したり、相手に対して刺激的な暴言や発言をすると、逃げられる可能性があります。

携帯買取詐欺業者の手口は何パターンもございます。例えば携帯やスマホ、iphoneなどを買い取り先に送った場合、送り先の住所は貴重な情報です。詐欺業者や詐欺師は何かしら足跡を残しております。依頼人様の些細な情報が解決へと導きます。

詐欺被害の相談・申し込み

Copyright(c) 2013 詐欺被害の相談は東京ターゲットリサーチ All Rights Reserved.